会社は「人」、だから健康管理が大切

>

会社は「人」によく似ています。
法人格というものが与えられている一個の「人間」として捉えられます。

これは形式的な意味合いではなく、実際によく似ている点が多いと感じるからです。

人は手、足、口、耳とそれぞれの機能を持った部位があり、その中に神経、骨、血管、血液などが通っています。
会社も同様の構成として捉える事ができます。
それぞれの機能を持った部位があり、その中を通う情報、財、人があります。
どこかが不具合を起こせば、それが他にも影響を起こします。

一見、手に傷がついただけに見えても、油断をすれば「菌」が入り、化膿することがありますし、
手が少し痺れるなって軽く思っていたら、脊髄にふれる神経が痛んでいて大問題だったりすることだってあります。

会社も同じです。

ちょっとした課題としか考えていなかったことが、実はもっと大きな課題が根本の原因にあったりします。

そう考えていくと、会社もやはり日々の健康管理が大切だと気付かされます。
病気になる前にどれだけ注意するか、どれだけ鍛えているかが大きな違いになります。

「人」という視点で会社を見ると、いろんなことに気付きます。

健康管理して下さい。
弱ってからでは、遅いこともあります。

コメント

コメントを残す

ご相談 / お問合せ

当社へのご相談、取材、提携等に関するお問合せは、こちらからお願いします。


お問合せの種類 (必須) ※ご関心ある項目にチェックお願いします。複数可
ブランディング広報PR顧問の相談研修・講演の相談取材など広報お問合せその他

お名前 (必須)

フリガナ (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(任意)

会社名(任意)

部署・役職(任意) 例)企画部・部長 or 取締役

サイトURL ※ある方はお願い致します

お問合せ内容(任意)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。