【CORE】セクション

>

ブランドマネジメントで大切なポイントは、変えてはいけない【CORE】セクションを定義して、関係者が共有しておくことです。

ブランドは市場の変化、マーケット環境によってメンテナンスしていかなくてはなりません。
どんなブランドもまったく変化しなくては劣化してしまいます。
そのメンテナンスにおいてぶらさない基軸になるのが【CORE】セクションです。

C-STARにおいては中心部分にあり、他セクション(S:戦略 T:戦術 A:行動 R:反応)の検証軸となります。

core_fig1

COREの全体イメージです。
Mission(使命)をスタートとして、自らの最も中心とするCore Value(価値)を通してVision(達成を目指す姿)を定義します。

COREを構築するには、まずブランド背景を棚卸しすることが必要となります。
関係者みんなで棚卸しを行うことで、それぞれがもっていたブランドへの考え方、認識なども整理していきます。表面的ではなく、深く掘り下げることでブランドについて見つめ直し、その上で削ぎ落としたCOREへと研磨していきます。

シンプルで、オリジナル感、納得感があるCOREを構築できれば、その後のブランドマネジメントにおいてブレはなくなります。
複雑ではなく、シンプルにすることを意識してみて下さい。

質問などございましたら、下のコメントからお願いします。

コメント

コメントを残す

ご相談 / お問合せ

当社へのご相談、取材、提携等に関するお問合せは、こちらからお願いします。


お問合せの種類 (必須) ※ご関心ある項目にチェックお願いします。複数可
ブランディング広報PR顧問の相談研修・講演提携・採用応募取材など広報お問合せその他

お名前 (必須)

フリガナ (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(任意)

会社名(任意)

部署・役職(任意) 例)企画部・部長 or 取締役

サイトURL ※ある方はお願い致します

お問合せ内容(任意)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。