Create our future with us.

Thank you for looking our site!

飲食店ブランディング

Homeケーススタディ飲食店ブランディング
Post Image

競合の多い飲食店街で新規来店客獲得に苦戦していた居酒屋さんのケース紹介です。

オープン当初は、キャンペーンでのビラまき、広告媒体(大手フリーペーバー、ネットメディア等)の掲載により、来店客を集めることができていました。しかし、開店して3ヶ月後には明らかに客足が落ちていました。同じように媒体には広告を出していたものの、なかなか来客増加につながりませんでした。

どうしよう?

こういった飲食店は数多くあります。
いったい、何をすべきだと思いますか?
広告媒体の見直し、キャンペーン企画、格安目玉商品、・・・

どれも、なかなか効果がなかなかでてきません。

それは、他の競合店も同じことをいくらでもしているからです。
そのお店がやっていた施策は、どれも顧客にとっては数ある類似の一つでしかありません。

飲食店におけるブランディング ポイント

やるべきは、絞込みどういったときにお店を選んで欲しいのか、コダワッテいるポイントをハッキリと発信することです。

○○を食べるならここ、○○な時にいくならここ、○○な気分なときにいくならここ
というように、顧客が選ぶポイントをハッキリ発信することこそが大切です。

こんなことしたら、
「限定してしまってチャンスを逃すのでは?」
と考える方もいるかもしれません。

飲食店ブランディングにおけるポイントは、ここにあります。

絞ってハッキリと発信からこそ、選ばれて、それ以外のお客さんも来店するようになります。
例)○○タンメン、餃子の○○、牛タンの○○、○○の羊羹、etc.

どの○○も頭に浮かぶのではないでしょうか?

どのお店も一過性ではなく選ばれ続けています。
絞ったからといって必ずしも、その商品、その場合のためだけでお客さんが来るわけではありません。結果として、多くのお客さんが訪れるようになります。

対策

1. コアターゲットとする顧客を定義して、そのターゲットがこの価値があれば選ぶという訴求要素を探る。
2. 訴求要素の仮説できたら、その価値を実現する方法(商品、サービス)を本気で創りこむ。
3. そのウリをハッキリと伝える(広告、看板、サービス等)。

別に特別なことではありません。それでも、本気でやっている店舗は多くありません。
だからこそ取組むことで効果は、ハッキリでます。

「来てくれるお客様は全てお客様」では、ブランドとしての関係を構築することはできません。
お客様の頭の中でパッと思い出されることが、第一の目標です。